どこにでもある初めての方向けの外為取引の雑誌では、「損をした状況ではナンピン買いをすることによって、ポジション全体の買い付けコストを小さくする事が出来る」と書かれていますが、実際にはここには目に見えないリスクがあります。ゼロファクター 口コミ

まずは、ナンピンの仕組みに関して手短に述べます。農地 ソーラーシェアリング

一例として1ドル100円でドルを買ったとします。ケノン

$(ドル)買いなので円安に推移するほど儲けが出るわけだが、運悪く1ドルが95円まで円高・ドル安が進んだとします。わきが 女

その状況でポジションを維持し続けたら、マイナスをなくすためには、ドル安になった分、ドル高に向わなければなりません。3万円の包茎手術に対する恐怖心

皆さん、損失は可能な限り早く回復したいと思います。アトピスマイル 口コミ

そこで最初に取引したのと同じ額の$を1ドル95円でエントリーします。外壁塗装 遮熱塗装

それで、ポジションの平均の買い付けコストは1ドル=97.50円まで低くすることができる。ピューレパール

半分の幅で円安に推移すれば、損を回復する事ができます。メルヴィータアルガンオイル 口コミ

こういったことがナンピン買いの理屈です。肝斑 原因

このとおり、ナンピンの原理を耳にすると、「ごもっとも」という気分になるが、為替はそう容易には思った通りにはなりません。

最初から、1ドル95円以下にならないとは誰も想像できません。

たとえば、市場が相当の円高トレンドだったら、1ドル95円では収まることなく、さらにドル安が進む確率は高いです。

ひとつの例として、97円50銭でナンピンをしたとしても1ドル=95円までドル安に向ったらナンピン買いした分についても、マイナスが生まれます。

その状況では、一番初めに売買したドルと合わさって二重の損失を被ることになる。

例示したとおり、ナンピンはややこしいです。

では、為替が自分の台本とは反対にどんどん進む場合、どういった方法で危機の確率を軽減すればいいのでしょうか。

こういう場合には選べる手段は2つだけあります。

まずひとつは執着しないでポジションを諦める事です。

もうひとつの手段としては、その段階で、自分自身が所持している買いポジションを少なくする事によって、為替が回復するのを動かないで待つことだ。

かなり受動的な対策だと考える人もいます。

だけど、持っている買いポジションに損が生じた場合正しい対策はこれよりいいものはありえません。

無論、理論上はナンピン買いをするという手段もありえます。

しかしながらナンピン買いは自分自身が損をしているにもかかわらず、買いポジションを整理するどころか遂に買いポジションを増やしていく手段です。

この考え方では、危険を回避することなど、どうやっても可能ではないと考えるべきです。

ナンピン買いを続ければいつかは利益を上げられるかもしれません。

だがしかし、それより先に投資資金はマイナスになってしまいます。