カードキャッシングに関しての支払い方法は、金融機関の方針によって随分へだたりがありまして、いろいな方法が取り入れられております。クレジットカードおすすめ

基本的なところでは残高スライド法やリボルディング方法などが選択されているようです。

またこのような誰しもわかっているリボですけれども本当のことを言うと算定方法には多くの手法というものがあります。

そしてさような種別によって引き落し金額が変わってしまうのですから理解することで損をするようなことはないはずです。

じゃあ易しく両者のメソッドのへだたりについてを解説しましょう。

ひとつは元金均等払いその次は元利均等払いです。

両者は読んで字のごとく元本についてを均分にして支払っていくという方式と元金と利息についてをあわせて均等に支払っていく様式になります。

この場では仮に10万円を借金したというように実際問題としてどのような算出をするか試してみましょう。

利率についてはどちらも15%と設定して計算します。

更にリボ払に関しての返済額を1万円として算定します。

まずは元金均等払いのほうからいきましょう。

こうした時の初回の支払いについては1万円に利息分の1250円を加えた返済となります。

次回の支払に関しては1万円へ利率1125円を足した支払になるのです。

こういったようにして全10回にて支払を終わらせるといった手法となります。

これに対して元利均等払いというものは1回目の引き落しに関しては1万円で元金に8750円利子へ1250円と言うようにして割り振ります。

その次の引き落しに関しては元金が8750円へと減った状態にて金利を算出して、その1万円を更に割り振りをします。

つまり、元利均等払いの事例では10回で返済が終わらないといった算定になります。

これだけのへだたりで二方がどれぐらい異なってるのかたっぷりわかってもらえたことと思います。

元利均等とは元金均等に比べ、はっきりともと金が減少していくのが遅いといったウイークポイントというのが存在するのです。

換言すれば利率というものを多く払うと言うことになってしまうのです。

一方で、初回の引き落しが小さな金額ですむという長所というものもあります。

こういった引き落し方法に関してのずれに呼応して、支払いトータルは相違してきますから自分の嗜好に応じた使用法をするようにしましょう。

インフォメーション