車を持つ方は承知していると思いますが、自動車税なるものが課税されます。http://www.scf.jp/

それで自動車税は、中古車買い取りの際に一般に戻ってくるお金なのです。財宝焼酎通販

ちょっとやってみたら直ぐに理解できますが、一から順を追って分かりやすく案内することにしましょう。湯上りカラダ美人

事前に注意書きしておけば日本で作られているクルマのみが対象ではなくドイツ車でも税が返還されることになっています。太もも ぶつぶつ

当然ですがクルマについてもそうです。

自動車の所有者が払わなければいけないお金で、自動車の排気量の大きさにより規定されています。

1リッターより低いならば29500円となり1リッターから1.5リッターの場合34500円。

これ以上は500cc刻みで5000円が乗ってきます。

それからこの税は4月1日時点の所有者が年度内の金額を払う定めとなっています。

つまりは前払いになるということですから当然ですが車を売却して、所有権を手放した場合では先払いした分の自動車税は返還されるということです。

この自動車税の場合は先払いでその年度の税額を納付するので、その年度内にクルマを引き取ってもらった際は、新たなオーナーが税金の納付義務を負うということになります。

買い取った相手が買取専門店なら、売却した際に支払いすぎたお金を返金してもらえます。

要は所有権が移転された瞬間以後の税金は、新しい所有者が支払い義務を負います。

自分が10月の間に自動車を売却した際は11月から翌年3月中までの払った税金は還付されます。

というのは前述の通り自動車税というのは一年分を先に支払っているということからもわかります。

まとめると前所有者は買取先に払いすぎたお金を返してもらうということです。

個人で自動車を引き取ってもらう場合、意外とこのような大切な知識を忘れている方が見受けられるため確認するようにしましょう。

自動車税がクルマを手放すと戻ってくるということをほとんど知っている人がいないからと言って、その状況を言わない業者もいるのです。

自分から自動車税の返金についての話をしなければ税金のことには説明しないということもよく聞かれます。

ですからクルマの買い取りをお願いするさいには、払いすぎた税金が返金されるのかどうかの確認をおろそかにしないようにする必要があります。

インフォメーション