自動車重量税、別称重量税というものは、国産自動車もしくはアメ車という愛車の生産国や四輪駆動車、ロールーフ車等車の形状に関係なく、例えば、ホンダやなどにも当たり前に掛かってくるもののことをいいます。http://www.koushinooshie.jp/

新車登録をするさいもしくは車検に出すさいに支払いが発生する税なのです。

この金額はその車のウエート毎に決定されます。

「自動車重量税」と「自動車税」という二つの税金は全然違う概念ですのできちんと理解をして間違えないようにしましょう。

「自動車重量税とは自動車のウエートによって」「自動車税は自動車のリッター数で」金額が変わってきます。

それで売却する際の対応も違ってきますので注意しなければなりません。

自動車を買い取ってもらう際には支払った車の額がいくら残っていたとしてもその金額が返ってくるようなことはないのです。

一方で自動車税であれば、支払い済みの税額を買取金額に上乗せしてくれるといったことがありますが重量税に関しては足されるような事例はほとんどないのが現状です。

重量税の場合は、自動車を売る際納めてある税額が残存していると言っても車専門店でその事実が配慮されることは少ないと思います。

ですので次の支払い要は次の車検まで処分するのを少し保留し買い取りをお願いするということが無駄がないと思います。

車買取の時は還付の対象にならない重量税ですが特別なケースでしたら返ってくることもあるのです。

それは、車検が残っている自動車を廃車にする場合です。

要は抹消登録をした場合残存期間に従って金額が戻ってきます。

ただ、車買取の場合はその中古車が廃車になるのとは違って還付されません。

それに、車の名義を変更したケースや盗難被害に遭ったケースなども返金してもらうことは不可能です。

自動車重量税の残っている期間がある愛車を手放すことは、車検期間が残っている車ということです。

それを買取店も考慮しますから自動車重量税の残存期間があれば、査定額が上がると思います。

当たり前ですが、買取額は買取業者により違ってきますが、車検の効力がまだあるということが考慮されれば自動車の買取額からみたらそこまで損をするということもありません。

インフォメーション