FXのパターンには取引所取引という場所があります。

普通の外為(FX)会社と商売を実践するという行動を「店頭取引」と呼ぶのですが、この取引については取引所を通行させず商いのペアはFX(外国為替証拠金取引)業者になるのです。

「取引所取引」というのは外為取引(FX)企業はあくまで仲だちであり、ストレートの売買対象は取引所という訳になるのです。

この違いをここで少々比較してみましょう。

初めに「店頭取引」の折は委託してある証拠金はFX会社にコントロールされているのです。

反面「取引所取引」の例、このお金は全てのお金取引所に預け入れしなければならないと義務にされているのです。

そうすることにより万一外為業者が破産するというような事態が例えあったとしても、後者は、取引所によって資金は全てのお金が保護してもらえることになります。

前者の場面はFX(外国為替証拠金取引)企業がコントロールしているので、場面により企業ダウンのしわ寄せをに見舞われて預け入れていたお金はガードされないかもという可能性があります。

更に税金面からみても店頭取引と取引所取引は規定に違いが見受けられます。

「店頭取引」では、レートの変動による利益やスワップポイントなどを雑所得として給料と累計で申し出をせねばいけません。

ところが確定申告せず大丈夫な機会もありますのでおのれに適合するか否かチェックしてください。

万一あなたがサラリーマンで収入2000万円以下給与の所得をはみ出した所得が20万円以下(2.3の会社から賃金所得はないこと)という規定を守っている状態でいるということであれば特例という事で確定申告は不要でOKです。

外為もうけが20万円以上のケースは確定申告するようにして下さい。

税金の率は実収に従い5パーセントから40パーセントの六段階に分けられておりまして利益が高いようであれば税金も高くなります。

「取引所取引」では、利潤があるのであれば他の所得とは別で考え「申告分離課税」の対象となるのです。

税率はすべて20%となりますが、万一損が断定されたという事なら「取引所取引」の利点として損失分を来年以降に先送りができるのです。

上記のように、「取引所取引」の方が低価格な税率になる事もあるので比べて検討していった方が良いでしょう。

ことにビギナーの人ならば、株価の変動や円相場に日ごと気を配り、利益や損金分に興奮する事によって、税金についての事柄を忘れ易くなることもあります。

損金は困るけれども、手取りが多くなれば税金も額が高騰するので注意とわきまえる事が大切です。

インフォメーション