クルマに乗っている方であれば承知だのはずですが自動車税という税金を支払う義務があります。それでこの税金は手放す所有車買い取り時に当然のように還付される税金なのです。このことは実際実行すると直ぐに覚えられますが、では一から順に簡単に説明していきます。事前に注意書きしておけば、国内のクルマだけに限らず海外の車等も税が還ってくる範囲になります。自動車もそうですね。自動車税というのはクルマの所有者が支払わなければならない税金なのですが、これはクルマの排気量の大きさによって規定されています。1リッター以下のであれば29500円、1リッターから1.5リッター以下までであれば34500円。その後は500ccごとに5000円増加していきます。それからこの税は4月1日現在ので車を所有している人が、以後一年分の税金を払う決まりです。ということは事前納付になるので、当然クルマを引き取ってもらって、所有者でなくなった場合にはその分の自動車税は返還されるのです。自動車税は先払いで来年3月までの全額を支払うので、年度内に自動車を売却した場合は、買い取った所有者がお金を負担するということです。買取先が買取専門店であれば引き取り時にあなたが払いすぎたお金を返還してくれます。つまり、所有権を手放した時以降の税金は権利が移った保有者が納付義務を負います。10月中に愛車を引き取ってもらったなら、11月から翌年3月までの税金は還ってくるのです。というのは前も述べた通り自動車税という税金は一年分を先に支払っているという事実によるものです。ということは、前所有者は売却相手に税金を返金してもらうということです。個人間で車を買い取ってもらう場合、意外にこの事実を忘れている人がよくいるため、きっちり確かめるようにしてください。自動車税が車を売った際に返ってくることを意外に知られていない事を利用して、その状況を言わない買取業者もあります。自分から返金についての話題を出さなければ全く返金のことには説明しないということもよく見受けられます。なので愛車の買い取りを頼むさいには、自動車税が戻ってくることを確認することをおろそかにしないようにする必要があります。