自動車重量税、通称重量税は、国産メーカーの自動車あるいは輸入車というような車の国やスポーツカー、ステーションワゴンなど車のタイプも全て同じで、例えば、ニッサンやポルシェ、等でも同じように納付しなくてはならない税金なんです。meemo口コミ

新車を登録する場合、または車検を受ける場合に支払う必要がある税なのです。

その支払額はそれぞれの車の重さによって決まっています。神戸市 日払いバイト

「自動車重量税」と「自動車税」はまったく違う税金です。リプロスキン 体験談 嘘

しっかり理解して勘違いしないようにしてください。赤ちゃん 便秘 病院

「自動車重量税というものは大きさ毎に」「自動車税は車の総排気量で」税額が変わってきます。瓜破斎場

それにより引き取りする時の扱われ方異なりますので、注意しましょう。超濃縮ケイ素PFの口コミ

中古車の買い取りの際には既に支払った自動車の税金がいくら残っていた場合でもその税額が戻ってくるようなことはないですが、一方で、自動車税の時は支払った税金を買取額に上乗せしてくれる場合があるものの、重量税の時は上乗せされるといった事例はほとんどないのが現状です。美脚サプリリメント

重量税については車の処分時に支払った金額が残っているからと言って中古車専門店の方でその事実が忖度されるケースは少ないと思います。有料自習室

ですから次の支払い、分かりやすく言えば車検まで処分を待ち売却をするという手法が無駄がないと思います。部屋探し

自動車の買い取りの時は還付の対象にならないのが重量税ですが、一定の条件の場合でしたら戻ってくることがあります。

このケースは、車検の効力が残ったままの愛車を廃車にしてしまう際です。

というのは抹消登録をした際に、残存期間に従って重量税が戻ってきます。

ただ、中古車の引き取りの際はそのクルマが廃車になるのとは異なり還付されません。

それから、クルマの名義変更をしてしまった時や盗難された時なども還付してもらうことは不可能です。

自動車重量税が残っている愛車を売却するイコール、つまり車検の効力がまだあるクルマです。

そのことを買取側も配慮しますので重量税の期間が残っていれば少しは売却額が増えるでしょう。

当然、買取金額は店によりまちまちなのですが車検の効力がまだあることが忖度されれば、愛車の売却額からみるとあまり払い損ということもありません。