クルマに乗るあなたでしたら知っているはずですが、自動車税という税金が徴収されます。そしてこの税金は愛車の買い取りの際に当然のように還ってくるのです。これって実際実行してみたらすぐ分かりますが、では最初から流れを簡単に紹介します。ちなみに説明をしておけば日本のメーカーのクルマだけに限らず外車も税金が還ってくる対象になります。車もそうですね。自動車税というのはクルマを所有する人が支払う税金ですがクルマの排気量の大小で定められています。1リッターより低いなら29500円、1リッターから1.5リッター以下までであれば34500円。これ以上は500cc毎に5000円が乗ってきます。それからこれは4月1日時点のオーナーがその年度のお金を納める決まりです。事前納付ということですから、愛車を買取してもらって所有権を失ったケースなどは先に払った分の税額は戻ってくるんです。税は前払いで以後一年分の自動車税を納付するので、年度内に車を売却した場合には新しいオーナーがお金を支払わなければいけないということになります。買取先が中古車買い取り専門店ならば、引き取り時にあなたが前払いしている分の税金を返してくれます。まとめると所有権が移った際からの税額は新しい保有者が支払わなければならないのです。もし自分が10月に自動車を売却した際は11月以降次の年の3月いっぱいまでの自動車税は返金されます。というのも前述した通り自動車税の場合は一年分を先払いしているということから来ています。ということは、あなたは買取先に税を返還してもらうということなのです。個人でクルマを売買する場合、意外にこのような大事なことを忘れている人が多くいるので、確認をとるようにしなければなりません。自動車税という税金はクルマを売った際に返ってくるという知識をあまり知らない人が多い事をいいことにそれを悪用している買取業者もいます。こちらから自動車税に関して話を切り出さなければ、全然そのことには説明しないという場面もしばしば聞かれます。ですから車の買い取りを依頼する時には税金が戻ってくるかどうかをチェックすることを怠らないようにしてください。